小笠原諸島父島にある水産センターがおもしろい。

娘と2人旅に出かけた。

東京から遥か南1000kmの小笠原諸島だ。

 

 

竹芝桟橋から24時間おが丸に乗り、父島に午前11時に到着。

荷物を母島行きの乗船所に置かせていただき、生協でお昼ご飯をお買い物。

おにぎりとドーナツを買い、港近くの公園で食べる。

とにかく暑い。

f:id:nyanchikibox:20160902155014j:plain

 

父島と母島を往復している母島丸(以下はは丸)が出港するまで少し時間があったので、水産センターに遊びに行く。

 

はは丸の乗船所からそう遠くないところ、5歳児でも歩いていけるところに水産センターがあり、

 

アカバの歯みがき

なる怪しいふれあいスペースがある。

f:id:nyanchikibox:20160902155425j:plain

 

怪しい。。。。

 

よく見てみる。

 

f:id:nyanchikibox:20160902155442j:plain

 

丁寧な説明書き。

魚に歯みがきをしてくれって書いてある。。。

 

↓棒の先に着いた歯ブラシを使ってとりあえずやってみる。

f:id:nyanchikibox:20160902155503j:plain

 

 

↓こんな感じで。

f:id:nyanchikibox:20160902155519j:plain

 

 

すると、、、

 


アカバの歯みがき

 

たちまちお魚が集まってきて、歯ブラシをおねだりしてくるのである。

体がかゆいのか、口の中だけではな体表、エラなどこすっても喜ぶ。

 

このお魚、本当はアカハタというお魚で食べると美味しいそうだ。

でもこんなに懐かれたら食べる気は起こらなそうである。

 

ひととおり、魚をこすって満足したのではは丸の乗船所に戻ることにする。

 

小笠原土産といえばコレ↓すごく辛いけど旨い。いつも土産物屋で爆買いする。